予防歯科 Prevention

治療型から予防型へ

治療型から予防型へ

「歯が痛くなったから来た」、「グラグラしたから来た」。
当院ではこのような患者さまを一人でも減らせれば、と切に願っています。

というのも、誰もハッピーではないからです。悪くなってから対処する「治療型」では、患者さまも治療をせざるを得ないですし、もしかしたら歯がなくなるかもしれない。

当院では、歯を削ったり、抜いたりすることは極力避けたいのです。

「治療型」ではなく、あらかじめ防ぐ「予防型」が、みんなにとってハッピーなのです。

基本であり、奥の深い歯みがき

奥の深い歯磨き

「どの歯ブラシが良いの?」「どの歯磨き粉?」「1日何回磨けばいいの?」「磨きにくいところはどうすればいい?」

このような疑問に対して、当院ではその患者さまに合ったご提案をしています。また当院では必ずフロスまたは歯間ブラシを使用することを勧めています。

なぜなら、歯と歯の間は、歯ブラシだけだと58%しか磨けず、フロスを併用して86%、歯間ブラシを併用して95%磨けるという報告があるからです。

実際に見ていると、フロスや歯間ブラシを使用している方としていない方では一目瞭然です。歯の問題(虫歯、歯周病)は磨けていないところから発生します。

以前にアメリカ歯周病学会で「Floss or die」(フロスをしますか?それとも死にますか?)という衝撃的な標語も出ました。これは歯周病と心疾患との関連性を警告しています。

たかが歯磨き、されど歯磨き。

予防は歯のためだけではなく全身の病気の予防にも繋がっていることを理解し、正しい歯磨き習慣で、一緒に健康への道を歩んで行きましょう!

プロによるケア

プロによるケア

きちんとしたホームケアを行うだけで予防の大半は可能ですが、予防を完了するにはもう一つあります。

それは、プロによるケアです。

プロにしか落とせない汚れや歯石があるからです。ホームケアとプロのケアで予防を確実にしましょう!