ブログ

歯みがき

2022.10.31

電動歯ブラシについて

みなさん歯ブラシはどのような物をお使いですか?
最近は、歯磨きの時に電動歯ブラシを使ってる方も多くいらっしゃると思います。
歯磨きをいつもしてても、上手に磨けなくて、虫歯や歯周病になってしまう方は、電動歯ブラシの使用が1つの選択肢にあります✨
電動歯ブラシは主に3つの種類に分類されます。
違いを少し説明します。
①電動歯ブラシ(高速回転タイプ)
・1分間に3千~7千回という高速で左右回転する。
・ブラシが回転したり、縦に動いたり、毛先が歯に接する事で汚れが落ちる。
・ブラシを動かす必要はない。
②音波歯ブラシ
・1分間に2万~4万回の振動により歯を磨く。
・毛先が歯に接する事で汚れが落ちると共に音波振動で歯垢を浮かせ、音波水流によって歯間の汚れを除去できる。
・歯ブラシを動かす必要はない。
③超音波歯ブラシ
・1分間に120万回以上の振動。
・振動により虫歯の原因菌となる「バイオフィルム」を除去する効果が期待できる。
・振動が細かい為歯ブラシを動かす必要がある。

最近の主流は電動歯ブラシ(高速回転タイプ)と音波歯ブラシです😊

電動歯ブラシのメリット、デメリット、注意事項をお伝えします✨
(メリット)
・清掃効率がよく、短時間でよい。
・簡単に歯垢を除去できる。
・歯面にあてるだけなので、疲れない。
(デメリット)
・比較的高価。
・電池や電力が必要。
・歯や歯茎を傷つける可能性がある。
(注意事項)
①歯磨き粉は研磨剤不使用で泡立ちにくいジェルタイプを選ぶ
→研磨剤が含まれた歯磨き粉の使用で、歯の表面が、削られ、知覚過敏になる可能性があります。
②フロスや歯間ブラシは必須
→電動歯ブラシだけでは歯間部などの汚れを100%落としきるのは不可能なので、手用歯ブラシと同様にフロスや歯間ブラシを使用するといいです。

手用歯ブラシ、電動歯ブラシにはそれぞれ異なる特徴があり、どちらもやり方を間違えなければ歯垢を除去する事ができます✨
選び方が分からないなどありましたら、いつでもお気軽に相談して下さい😊

(衛生士 M)

2021.02.03

仕上げ磨き

お子様の仕上げ磨きは何歳までしてますか?
目安として10歳前後まで、仕上げ磨きをするといいです。

小学生になると、子供は自分でできる事が多くなりますよね。
歯磨きも1人で磨けるから大丈夫!と思っていませんか?
生え始めの永久歯は表面が弱く虫歯になりやすいです。
また乳歯と永久歯が混合していると、凸凹していて磨きにくく、磨き残しも多くなります。

夜だけでも歯磨き後に不十分なところをチェックして、仕上げ磨きをしてみてはどうでしょうか。
親子のスキンシップにもなりますよ😊

(衛生士 M)